0-3.jpg

2016年09月14日

フェアリーテイル 第501話 『 マリー と ランディ 』 マガジンネタバレ速報

【FAIRY TAIL】
フェアリーテイル 内容ネタバレ


・2016年 週刊少年マガジン第42号

妖精の尻尾 FAIRY TAIL

フェアリーテイル
第501話 『 マリー と ランディ 』


501-1.jpg


<前回の内容>

グレイがスプリガン12・インベルを撃破!!
しかしそこで、戦慄の事実を聞かされる!

ENDの正体 が、エーテリアス・ナツ・ドラグニル


絆を重ねた仲間、 ナツ だと言うことを・・・!!

 
 
戦場に突如、現れた ナインハルト を撃破したナツ!!

ナツは、 ブランディッシュ に語りかける!!

ナツ:『 お前もオレ達の道を塞ぐつもりなら
 戦わなきゃならねえ 』


ルーシィ:『 お願い 退いてブランディッシュ 』


沈黙するブランディッシュ・・・

そして小さく呟く・・・

ブランディッシュ『 めんどくさい・・・ 』


「 ド ク ン 」


突然、胸を押さえて苦しみ出したナツ!!!

501-2.jpg

ナツ:『 がはっ 』

ルーシィ:『 ナツ!!! 』

ハッピー:『 どうしたの急に・・・ 』



苦しさのあまり、膝をついたナツ。

ナツ:『 うう… ああああ 何だ…コレ… 』

ルーシィ:『 しっかりして!! ナツ 』



ナツは、その場で倒れてしまった・・・!!


ブランディッシュ:『 何とか腫瘍を小さくしたのは私よ 
 
・・・それを元に戻したの 』


ルーシィ:『 何でそんな事!! 』


ブランディッシュ:『 何で? 』

501-3.jpg

『 そいつは 私達の脅威だからよ 』


ハッピー:『 やめてよ!! ナツを苦しめないで 』


ブランディッシュ:『 あなた達は敵 』



ルーシィ:『 敵じゃない!!
 あたし達は 友達 になれる!! 』



ブランディッシュ:『 それはあなたと私の母の話 
 私達は別の国で育ち 別々の目的をもって対峙している
 確かにあなたにもう怨みはない けどこのままじゃ私は 』

『 どうしたらいいのか分からないのよ!! 』


ルーシィ:『 ・・・ 』


コートを脱ぎ、戦闘態勢をとるブランディッシュ!!


ブランディッシュ:『 めんどくさいから白黒つけたいの ルーシィ 』

ルーシィ:『 あたしが勝ったら ナツを治すって約束してくれる 』


ブランディッシュ:『 違うわよルーシィ 
 白黒って私とあなたが戦う事じゃないわ 
 私があなたをころして決別するの 
 ・・・少し情に流された自分と 』



ハッピー:『(何だこの魔力・・・)』


ブランディッシュ:『 あなたに勝ち目なんか 少しもある訳ないじゃない 』


ルーシィがブランディッシュに蹴り攻撃を仕掛ける!!

501-4.jpg

ルーシィ:『 約束しなさいよ!!!! 』

その蹴りを片手で止めるブランディッシュ!!


ブランディッシュ:『 いいわよ 勝てる訳ないし 』

501-5.jpg

ルーシィ:『 がはっ 』


ハッピー:『 ルーシィ!!!! 』


吹き飛ばされたルーシィだが、

すぐさま体制を立て直す!!!


ルーシィ:『 開け!! 天蠍宮の扉!!! 』

『 スコーピオン!!!! 』

501-6.jpg

スコーピオン:『 ウィーアー!! 行くぜルーシィ!! 』


ルーシィ:『 OK!!! 』


スコーピオン:『 サンドバスター【改】!!!! 』

スコーピオンがブランディッシュの周囲に砂嵐を出す!!

その砂嵐の中を、ルーシィが移動!!!

移動と同時にブランディッシュに攻撃!!!

傷を負うブランディッシュだったが・・・


ブランディッシュ:『 コマンドT 縮小!! 』


ブランディッシュによって小さくされたルーシィ・・・

ルーシィ:『 わっ 』

スコーピオン:『 ルーシィ!! 』



小さくなったルーシィの体を掴まれる!!

ブランディッシュ:『 握り潰してやるわ!! 』

ルーシィ:『 うっ 』



ルーシィは キャンサーフォーム にチェンジ!!

ブランディッシュの手を斬りつけ、脱出!!

501-7.jpg

ルーシィ:『 キャンサーフォーム!!!! 』

脱出と同時に、ブランディッシュの体を斬りつける!!


ブランディッシュ:『 うっとおしい!! 元の大きさに戻れ!! 』

指を鳴らし、ルーシィを元の大きさに戻す!!


しかし、そこにルーシィの姿が視えない・・・!?


ブランディッシュ:『 ! 』 『 消え・・・ 』


ルーシィは、ブランディッシュの真上に跳んでいた!!

そして・・・!!

501-8.jpg

ルーシィ:『 アクアメトリア!!!! 』


ハッピー:『 すごい!! 』

スコーピオン:『 大地を波のようにうねらす魔法さ 
 
オレの彼女(アクエリアス)のな 』


だが、大地を圧縮させるブランディッシュ!!!

ブランディッシュ:『 コマンドT  "縮小" 』


ルーシィ:『 あたしの魔力が圧縮された!? 』


ブランディッシュ:『 魔力の質が違いすぎる 』

501-9.jpg

『 あなたと12(私)とでは 』


『 コマンドT "拡大" !!!! 』


圧縮されたルーシィの魔法を、

ブランディッシュが拡大してルーシィに放つ!!

吹き飛ばされたルーシィ!!!



起き上がろうとする ナツ・・・

ナツ:『 ル・・・ 』

ハッピー:『 ナツ!! 』


しかし、やはり立てずに倒れる・・・!

ハッピー:『(体が冷たい…!!
  
ナツの炎が消えちゃう)』



圧倒されながらも、

ブランディッシュに立ち向かう ルーシィ!!



ルーシィ:『 あたしよりあんたの方が強いのは認める
  でも負けられないのよっ!! 』


『 本当はあんたとだって闘いたくない!!!! 』
『 それでもあたしがやらなきゃ!!!! 』

501-10.jpg

『 ナツを 守るんだから!!!! 』


黙ったままルーシィを見つめるブランディッシュ。

ブランディッシュ:『 ・・・・・ 』


そこへ、 ディマリア が姿を現した・・・!

ディマリア:『 もういい 茶番はその辺にしておきな 』

ブランディッシュ:『 マリー 』


ハッピー:『 また増えた・・・ 』

ルーシィ:『 茶番って何よ!! 』



ディマリア:『ランディはその男もお前もころすつもりはない

501-11.jpg

・・・って事だよ 最初からね 』


ルーシィ&ハッピー:『 !!? 』

驚くルーシィとハッピー!!!


ディマリア:『 腫瘍を元に戻した? 
アンタなら内臓を拡大して人体をぶち破ってころせる 
その女も小さくして踏み潰せば終わりだ

なぜそれをしない

501-12.jpg

私が見てるのに気づいて  
"負けるフリ" をするつもりだったんだろ? 』


ブランディッシュ:『・・・・・・』


ルーシィ:『 え・・・ 』


ディマリア:『 お前はもうダメだランディ 』

そう言うと、「 カチッ 」と歯を鳴らしたディマリア!!


ブランディッシュ:『 やめ・・・ て・・・ 』

501-13.jpg


ブランディッシュが止める刹那に、

ディマリアは、すでにブランディッシュのお腹を斬っていた!!


ルーシィ:『 いやぁあああっ!! 』

ハッピー:『(一瞬・・・で・・・)』



ディマリア:『 私のランディを壊したのはお前か 』

再び 「カチッ」 と歯を鳴らす・・・

そして、次の瞬間には、

ディマリアは、ルーシィの頭を踏みつけていた!


涙を流すディマリア!!

501-14.jpg

ディマリア:『 簡単にしねると思うなよ 小娘 』



次回 第502話『メイビスとゼーラ』へ続く
この記事へのコメント
相変わらずドラマチック
Posted by 汚駄信者 at 2016年09月16日 20:01
ほんまそれ!
だがそこがいい!
で、次は誰の番かな?
Posted by ルーシィ派 at 2016年09月23日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

"‐TOPページへ‐"

0-8.jpg