0-3.jpg

2018年06月27日

エデンズゼロ 第1話 『桜舞うソラに』 内容ネタバレ考察

2018年 週刊少年マガジン 第30号

EDENS ZERO エデンズ ゼロ

第1話『桜舞うソラに』

・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察

Bエデンズゼロ.jpg

つながっていく輪は「無限大の可能性」

渾身 快心 猛発進!!
真島ヒロ先生 超新連載!!

はじまるよ!準備はいいかい?
これからする「経験」
きっとずっと続くミラクル!!

 
 

満点の星空を見上げるのは…

少年・シキ


そして、機械生命体…?…ロボットの2人!!!

「魔王」と、

帽子を被っている「マイケル」…。



シキ:『 お! 星が動いてる!! 』

1-01.jpg

魔王:『 あれはな ドラゴンじゃ 』


1-02.jpg

「 ドキドキ ドキドキ 」

シキ:『 ドラゴン!!! 』


マイケルは、「彗星」だと言い…

どうやら シキは、

笑っている魔王に騙された様子…。


魔王シキ に語りだす…。


近くで見るまでは、わからない。
 この国にしかいなかったら、
 分からないことは山ほどある。

 沢山の国へ行き

 たくさんの人と出会うこと

 そして 友達をたくさん作ること

 それは この世で一番大切なもの

 どんな時でもお前支えてくれる…



魔王:『 おまえのために
涙を流せる友達がいたら 』

1-03.jpg

『 一生 大切にしなさい 』

マイケルのことを「友達」だと言う、シキ!!

機械であるマイケルは、涙を流せない…

マイケルは、機械には「心」がないと言うが…。


1-04.jpg

魔王:『 …誰にでも
あるのものじゃよ は… 』



年月は流れる…


船を操縦する レベッカ と、猫の ハッピー

ここ、「グランベル王国」 へと到着する!!!


ハッピー:『 レベッカ! 見えてきたよ 』

1-05.jpg

レベッカ:『 ! 』 『 おお!! 』


聞いていた「さびれたテーマパーク」とは

違って、ファンタジーの世界に

いるような気分になる場所だった!!!


レベッカ:『 これ絶対 再生数稼げるわよ!!
目指せ!
アオネコch.登録者100万人!!!



この国には、機械(ボット)達がいっぱい!!

100年ぶりのお客様という事で、

盛大な歓迎を受けるレベッカ達!!


1-06.jpg

案内役:『 ここは あなたの夢を
叶える王国 グランベル!!! 』


レベッカの夢は…

「チャンネル登録者100万人!!!」

動画を取り忘れていたレベッカ…。


1-07.jpg

レベッカ:『 …もう一回
 最初からいいですか? 』



グランベル王国を満喫するレベッカ達…!!

遊園地(テーマパーク)が貸切状態…。

料理も本格的…!!!!


「こんなのもある」…と
 
 ハッピーは、一枚の手配書?
 クエストが書かれた紙をレベッカに見せる!!

1-08.jpg

レベッカ:『 それ動画映えするわね!! 』


そして、クエストへと出発…!!


そこでレベッカ達が、出くわした

標的のモンスターは…

巨大な猫のロボットだった!!!


次の瞬間!!!

1-09.jpg

「 ズシィイン 」


レベッカは、このグランベル王国は、

機械(ボット)だけ が住んでいると

認識していたため、驚いている!!!


レベッカ:『 ひ… 人!? 』


1-010.jpg

「 ギンッ 」

シキ:『 人間……?
 …人間なのか!? 』



1-011.jpg


シキレベッカ&ハッピー の出会い!!!


この国には、人間はどうやらシキ1人だけ…。

シキは、レベッカ&ハッピーに興味深々…。

レベッカに近づいていく、シキ…!!


レベッカ:『 ! 』

1-012.jpg

シキ:『 と…… 友達になってくれ 』


シキ:『 オレと 友達 に… 』

レベッカ:『 なるかーーーっ 』


と、グーパンチで、シキは飛ばされる。


人間を初めて見るシキは、
 レベッカの後をずっとついていく…

酒場に入ったレベッカは、すぐに、
 ロボット達に人間がいたことを報告する。

が…!!! すでに酒場にいた シキ!!!

どうやらシキは、ここにいる

全てのロボット達と「友達」のようだ…!!


1-013.jpg


100年ぶりのお客様ということで、

盛大なパーティが始まる…!!!

ドレスに着替え、思いっ切り楽しむレベッカ達!!

1-014.jpg


1-015.jpg


その様子を誰かが陰から見ている…。


先ほどレベッカ達の様子を、

うかがっていた ロボットA が城へと向かう。


ロボットA:城主様
あの娘は…… 』


1-016.jpg

城主:『 分かっておる 時は来た…
…という事じゃ 』



まだ食事を楽しんでいる シキとレベッカ

レベッカとハッピーは、

「 ブルーガーデン 」という所から

この国へと来た。


シキ:『 オレも
行ってみてーな 他の国 』


マイケル:『 ……… 』


レベッカ:『 この島 出た事ないの? 』



シキが出て行くと、
 機械を直せる人が
 いなくなってしまうようだ…。

眠たくなったシキは、
 いきなり全力でその場で眠る!!!

レベッカは、なぜ シキが…
 人間が1人でこの国いるのか…
 疑問を感じていた。


マイケルは、シキについて話してくれた。


マイケル:『 シキは特別なんだ 』

1-017.jpg

10年前に「魔王」がここ

グランベルに連れてきた人間の子供

どこから連れてきたのか…

魔王は、孫のように可愛がっていた。

他のロボットにもなついている。

ロボット達の修理もしてくれる!!!




シキの話を、聞き終わると…
 
もう夜も遅くなっていた…。

宿の2階で宿泊することに…!!


その前に…!!!


レベッカ:『 コイツの髪切っていいですか?
気になって 気になって… 』


「ええそうね」
「ボクたち人間のセンスわからないし」
「確かにウゼーよな」



こうして…

楽しい1日を過ごしたレベッカとハッピー!!

寝る前に動画の仮編集をすます、レベッカ…。

そして眠りにつく。


翌朝…!!

1-018.jpg

バッサリ!!!!

 目覚めた、シキは…
 髪の毛が切られていることに驚き、
 大慌てしていた!!!
 しかし、周りには誰もいなかった…。


外が騒がしい…!!!


目を覚ましたレベッカ!!!


レベッカ:『 あれ? なんであたし外に…』


1-019.jpg

レベッカ:『 !!! 』
『 何よ コレーーー!!!! 』


磔にされても、ハッピーは爆睡中!!!
 

城主が、他のロボット達と一緒に、

レベッカ達を磔にしたようだ…!!!


レベッカ:『 シキ!!! 』

1-020.jpg

シキ:『 レベッカ!!!? 』


城主:『 我々は 100年
この時を待っていた
外の世界へ行く為の
"船" を持つ者が来るのを… 』


今、何が起きているのか…

理解できなていないシキだったが…

外の世界へ行く為に、

レベッカの命を奪う と言う、城主…!!

当然、レベッカは怒っている!!


レベッカ:『 あたしお客ですけど!! 』


城主:『 "それ" じゃよ人間 』




城主:『 我々は人間の道具ではない
人間より下の存在ではない 』

1-021.jpg

レベッカ:『 そんな つもりで
言ったんじゃ……… 』



シキは、城主様を説得するように

 他のロボット達に頼んでみるが…

 ロボット達の様子が明らかにおかしい…!!!


マイケル:『 ボクは道具じゃない 』

1-022.jpg

シキ:『 ミトラ… ジョン アニー
 マイケル……… 』



どうやら、ある 「ウイルス」によって

自我が芽生えてしまった様子のロボット達。

人間の道具ではないと言いう自我が…!!


マイケル:『 君は… 人間は敵 』


シキ:『 敵じゃねえ!!! 友達だ!!!
待ってろ!!!
みんなオレが直してやる!!! 』



ここは 「配役の世界」


給仕、仕立て屋、騎士、踊り子…
城主、魔王…

全ては配役、本物ではない。


城主:『 お前は修理士の配役…
本物ではない
実際に修理していたのは
グランベルの城の自動修復機 』



それでも直すと言う、シキだが…


城主:『 不可能 』

1-023.jpg

シキ:『 友達だろ!!!! 』


1-024.jpg

城主:『 おまえは人間
我々は 機械
友には なれぬ 』


かつて、この国は人と機械で賑わっていた

ファンタジーの国 グランベル

しかし… 客足が遠のくと

人間たちは機会(ロボット)を捨てた。

100年間、廃棄すらせず、

ロボット達をこの地に隔離…。


城主:『 そして ついに

船を持った人間が来た

我々の反撃の時 が来たのじゃ 』


1-025.jpg

城主:『 人間は全て敵!! 敵じゃ!! 』


ロボット達に暴行される、シキ…


レベッカ:『 シキ!!!! 』


シキ:『 なんで… みんな…
友達だろ……… 』

1-026.jpg

マイケル:『 人間と機械は
 友達じゃない 』



レベッカ:『 昨日まで一緒に
暮らしてた人に なんでこんな事を…
シキは この国の人
みんな友達だって… 』


『 友達だって言ってたのよ!!!! 』



レベッカ:『 友達って… 』

1-027.jpg

『 機械とか人間とかじゃないでしょ!!!! 』


涙を流す、レベッカ…。

シキの脳裏には、魔王の言葉が浮かぶ…!!!


 「 おまえのために

   涙を流せる友達がいたら

  一生 大切にしなさい 」

 

シキの右腕が光りだす!!!!

そして…!!!

1-028.jpg

ロボット達を弾き飛ばす…!!!


シキの 「右腕」 を見ているレベッカ。


レベッカ:『 !! 』
『 何あれ………!!? 』



シキ:『 もう友達じゃねぇんだな
ぜんぜん痛くねえから
本気じゃねえのかと思ったぞ 』


城主:魔王より受け継ぎしその力
見せてもらおうか 』



"戦闘用ロボット" の 城主 が、

 シキと対峙することに…!!!


シキ:『 じいちゃんが言ってたんだ 』


魔王:『( おまえのために

涙を流せる友達がいたら

一生 大切にしなさい )』


『(そして…………)』


1-029.jpg

シキ:『 その涙の為に戦え!!!! 』

1-030.jpg


城主との戦闘が始まる…!!!


ここで、目を覚ましたハッピー!!

…ある 「力」 を使って、

自身とレベッカの縄を解く!!!


シキの戦いを見たハッピーが気が付く…!!!


ハッピー:エーテルギア だ 』


壁に張り付いたり、壁を移動したり…

不思議な力を駆使して戦っている、シキ!!!


体内のエーテルの流れを

機械のように組み替えて力にする…



1-031.jpg

ハッピー:『 暗黒時代の力!!!! 』


そして… 決着の時!!!


1-032.jpg

「 ズ ドン 」

シキ:『 魔械流 重拳!!!! 』 


1-033.jpg


とてつもない力…!!!

地面が崩壊する…!!!


1-034.jpg

「 ピタッ 」

レベッカ:『 浮いてる!? 』

ハッピー:『 重力のエーテルギア!!!! 』



どうやらシキは 「重力」 を操れる…!!!


シキ:『 じいちゃんから
 受け継いだ力だ 』



他のロボット達が追いかけて来る!!!

シキは レベッカ達の船 の方角へと

重力を向けて、そのまま飛んでいく…!!!


船の下へと到着!!

しかし…

それでもロボット達は追いかけて来ている!!



シキ:『 オレは残る 』

1-035.jpg

レベッカ:『 いいから来なさい!!!!
 友達でしょ!!!! 』


36.JPG

シキを連れて…

レベッカとハッピーの船…。

「アクアウィング」が発進する!!!!


ロボット達は、それを見ている…。


マイケル:『 ………… 』


レベッカ:『 あんた 外の世界に
行きたいって言ってたでしょ 』

1-037.jpg

シキ:『 お…おう… 言ってたけど… 』


今が、その時!!!!


レベッカとハッピー、

そして、シキの3人は…

アクアウイングに乗って空高く飛んでいく…!!!


宇宙へと…!!!!


1-038.jpg

レベッカ:『 ここは 桜宇宙

(サクラコスモス)

これは 宇宙を翔ける船 』


1-039.jpg

シキ:『 ………… …!!! 』

驚きを隠せないシキ…!!


レベッカたちの来た国は、

「 惑星 ブルーガーデン 」


宇宙を飛行中… アクアウイングは、
 ある光の線筋の近くを通ることに…
 
 その光は…!!!
 
1-040.jpg

レベッカ:『 あれはね
…宇宙にいる ドラゴン



1-041.jpg

シキ:『 すげえ…!!!!
 これが 宇宙!! 』



その頃、 グランベル王国 では…


取り残されたロボット達……


倒れたまま、城主は空を見つめている。。。


昨晩のことを思い出している…。


ロボットA:「城主様…あの娘は」


城主:「分かっておる
    別の星から来た人間じゃ」

  「時は来た」

  「我々の時間が終わる前に…」



1-042.jpg

城主:『( シキを… 宇宙へ… )』


城主:『 うまく…いって…よカっタ
こんな星に…
人間が… いては… いかん 』


ロボット達は全員 「演技」をしていた…


今にも動けなくなりそうなロボット達…。


「私たちが動かなくなった後…」

「1人ぼっちなっちゃうもの」

「こうでもしねーと出ていかねーしな」

「全員直すんだーってね」



空を見上げている、マイケル……!!!

マイケルは 魔王の言葉 を思い出していた。


魔王:『( 我々 機械の命は
     あと数年で尽きる
  これはもう避けられぬ運命)』
 
   『( 頼む 皆の者
    その前にシキを…… )』


1-043.jpg

魔王:『(あの子は
宇宙を変える者 じゃ)』



1-044.jpg

マイケル:『 魔王様
約束はハタシました… 』


こんなに悲しい気持ちになるなら…

こんなに淋しい気持ちになるなら…


1-045.jpg

マイケル:『 心なんて
いらなかったのに…… 』


「 ビーーーーーー…… 」


1-046.jpg

  「 惑星グランベルの
   全ての機械の機能が停止しました 」




宇宙から、「惑星グランベル」 を見て

涙を流している、シキ…。


シキ:『 みんな 友達だった…

最後はおかしくなっちまったけど…

みんな 友達 だった 』


1-047.jpg

シキ:『 ありがとな!!!!
みんながいたから
淋しくなかった!!!! 』


 
そして シキは ある決断 をする!!!

 
シキ:『 決めたぞ
オレは宇宙で友達100人作る!!! 』

1-048.jpg

レベッカ:『 が…がんばってね 』



この日の 第一歩が

後に 大宇宙に名を残す男

シキ・グランベルの旅立ちの時 であった

偶然の出会いが必然に変わる時

運命を変える 心の旅 が始まる!!




次回 エデンズゼロ
第2話『少女と青猫』へ続く♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

"‐TOPページへ‐"

0-8.jpg